博報堂に警視庁…ハレンチ事件続発 暴走する「さとり世代」の弱点

公開日:  更新日:

<つながれない不安で心を病む>

 1980年代半ば以降に生まれた今の20代を、「さとり世代」と呼んだりする。不況しか知らず堅実で高望みをしない。ほどほどで満足。期待しても無駄だと“悟っている世代”の妙な事件が続発している。
 女性を酔わせて暴行しようとして準強姦未遂で17日に再逮捕された博報堂社員の2人は、24歳と25歳。

 実弾入りの拳銃を持ったまま失踪して18日に逮捕された警視庁綾瀬署の巡査長も、24歳。
 不思議なのは、いずれも「将来を嘱望されていた」ことだ。それなのにやらかしてしまった。

「博報堂の2人はそれぞれ慶応大と法政大卒で、会社のサッカー部に所属していた同期です。巡査長は、大卒では最短で巡査部長試験に合格したばかり。父親は検察官で、地方の検事正を務めたこともあるエリートです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る