ボジョレ解禁近づくも…今年は“不作”でキャッチコピーが付けられない?

公開日:  更新日:

 毎年、11月の第3木曜日に解禁されるボジョレ・ヌーボー。今年は21日午前0時からだ。バブル期ほどではないが、最近も巷のボジョレ熱はなかなかのもの。気になるのは、今年のワインの出来栄えだ。

 ボジョレといえば例年、「50年に1度」「100年に1度の出来」と、出来栄えを表す賑やかなキャッチコピーが付けられる(下記参照)。明らかな矛盾も“ご愛嬌”だが、今年はなぜかそのコピーが見当たらない。品質評価のコピーは、仏ボジョレワイン委員会が命名する。

「毎年、必ずキャッチコピーが付くというわけではありません。一応、当社では〈豊かな香りの成熟度の高いフルーティーな味わい〉と表現しています」(輸入元のサントリー広報部)

 実は、日本と同様に今年の欧州は異常気象。フランスは6月まで低温が続き、ヒョウや雷雨の被害にも遭っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る