ボジョレ解禁近づくも…今年は“不作”でキャッチコピーが付けられない?

公開日: 更新日:

 毎年、11月の第3木曜日に解禁されるボジョレ・ヌーボー。今年は21日午前0時からだ。バブル期ほどではないが、最近も巷のボジョレ熱はなかなかのもの。気になるのは、今年のワインの出来栄えだ。

 ボジョレといえば例年、「50年に1度」「100年に1度の出来」と、出来栄えを表す賑やかなキャッチコピーが付けられる(下記参照)。明らかな矛盾も“ご愛嬌”だが、今年はなぜかそのコピーが見当たらない。品質評価のコピーは、仏ボジョレワイン委員会が命名する。

「毎年、必ずキャッチコピーが付くというわけではありません。一応、当社では〈豊かな香りの成熟度の高いフルーティーな味わい〉と表現しています」(輸入元のサントリー広報部)

 実は、日本と同様に今年の欧州は異常気象。フランスは6月まで低温が続き、ヒョウや雷雨の被害にも遭っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る