脱偽装食材への第一歩 肉もマグロも「赤身」で食感を取り戻す

公開日: 更新日:

 大阪のホテルから始まった食品偽装は、日本人の胃袋を直撃する大騒動に発展した。確かに、メニューと違うニセの安物を仕入れて利幅を増やす商法は褒められたものではない。だが、この問題をキッカケに、我々も口に入れるものを見直してもいいのではないか。

 栄養学が専門の横浜創英大名誉教授・則岡孝子氏が言う。

「偽装のひとつに牛脂注入肉がありました。なぜ、こんな肉が生まれたかというと、<霜降り=おいしい>とか<霜降りは高級品>という<霜降り神話>があったからでしょう。魚も同じで、マグロは赤身よりトロをよしとする。脂が乗ったサーモンやハマチなども人気。そういう人たちが『やわらかい』『おいしい』と絶賛するのは、脂肪のことです。脂肪は融点が低く溶けやすいし、繊維がなくやわらかい。しかし、肉や魚の脂は決してウマ味ではありません。この際、おかしくなった味覚を元に戻すには<脱脂肪>です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る