脱偽装食材への第一歩 肉もマグロも「赤身」で食感を取り戻す

公開日:  更新日:

 大阪のホテルから始まった食品偽装は、日本人の胃袋を直撃する大騒動に発展した。確かに、メニューと違うニセの安物を仕入れて利幅を増やす商法は褒められたものではない。だが、この問題をキッカケに、我々も口に入れるものを見直してもいいのではないか。

 栄養学が専門の横浜創英大名誉教授・則岡孝子氏が言う。

「偽装のひとつに牛脂注入肉がありました。なぜ、こんな肉が生まれたかというと、<霜降り=おいしい>とか<霜降りは高級品>という<霜降り神話>があったからでしょう。魚も同じで、マグロは赤身よりトロをよしとする。脂が乗ったサーモンやハマチなども人気。そういう人たちが『やわらかい』『おいしい』と絶賛するのは、脂肪のことです。脂肪は融点が低く溶けやすいし、繊維がなくやわらかい。しかし、肉や魚の脂は決してウマ味ではありません。この際、おかしくなった味覚を元に戻すには<脱脂肪>です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る