• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

脱偽装食材への第一歩 肉もマグロも「赤身」で食感を取り戻す

 大阪のホテルから始まった食品偽装は、日本人の胃袋を直撃する大騒動に発展した。確かに、メニューと違うニセの安物を仕入れて利幅を増やす商法は褒められたものではない。だが、この問題をキッカケに、我々も口に入れるものを見直してもいいのではないか。

 栄養学が専門の横浜創英大名誉教授・則岡孝子氏が言う。

「偽装のひとつに牛脂注入肉がありました。なぜ、こんな肉が生まれたかというと、<霜降り=おいしい>とか<霜降りは高級品>という<霜降り神話>があったからでしょう。魚も同じで、マグロは赤身よりトロをよしとする。脂が乗ったサーモンやハマチなども人気。そういう人たちが『やわらかい』『おいしい』と絶賛するのは、脂肪のことです。脂肪は融点が低く溶けやすいし、繊維がなくやわらかい。しかし、肉や魚の脂は決してウマ味ではありません。この際、おかしくなった味覚を元に戻すには<脱脂肪>です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る