【食品表示のホント】「糖分控えめ」にもカラクリがある

公開日:  更新日:

 砂糖に賞味期限がないことをご存じでしょうか? 長期保存しても変質することがないため、JAS(日本農林規格)法でも、賞味期限を表示する必要のない食品に定められています。いろいろと弊害が指摘されていますが、有益な面もあるのです。

 そのひとつが防腐効果。食品に50~60%含ませると、細菌の繁殖を防ぎ、保存性を高めることができます。これを利用したのがジャム。お子さんやお孫さんは好きですよね。

 本来、ジャムは果物と砂糖を煮詰めて作るものです。国際食品企画ではジャムの糖度を65%以上と規定しています。一方で、JASは40%以上と低い。酸化防止剤(ビタミンCや酸味料と表記される場合も)などの添加物の使用も認めています。糖分が多いとカロリーが高くなるので消費者は敬遠しがちですが、糖度が低ければ保存がきかないので、食品添加物をプラスすることになる。糖分が少なければ安心、というわけではありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る