【食品表示のホント】「糖分控えめ」にもカラクリがある

公開日: 更新日:

 砂糖に賞味期限がないことをご存じでしょうか? 長期保存しても変質することがないため、JAS(日本農林規格)法でも、賞味期限を表示する必要のない食品に定められています。いろいろと弊害が指摘されていますが、有益な面もあるのです。

 そのひとつが防腐効果。食品に50~60%含ませると、細菌の繁殖を防ぎ、保存性を高めることができます。これを利用したのがジャム。お子さんやお孫さんは好きですよね。

 本来、ジャムは果物と砂糖を煮詰めて作るものです。国際食品企画ではジャムの糖度を65%以上と規定しています。一方で、JASは40%以上と低い。酸化防止剤(ビタミンCや酸味料と表記される場合も)などの添加物の使用も認めています。糖分が多いとカロリーが高くなるので消費者は敬遠しがちですが、糖度が低ければ保存がきかないので、食品添加物をプラスすることになる。糖分が少なければ安心、というわけではありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る