【食品表示のホント】「養殖わかめ」は存在しないことになっている

公開日:  更新日:

 小売店で手に取ると分かりますが、「養殖」と記載されたわかめは存在しません。JAS法は、養殖した水産物に「養殖」と表記するよう義務づけています。一方で天然ものに「天然」と表記するかどうかは任意。養殖と書かれていなければ、すべて天然ということになります。

 では、わかめはすべて天然ものなのでしょうか。残念ながら、答えはノーです。

 JAS法が規定する「養殖」とは、出荷するまでに餌を与えた水産物のこと。海水中のプランクトンを摂取するわかめは、人工的に餌を与えられることはありません。よって養殖でも、「養殖」と表記する必要がない。おかげで表示上の「養殖わかめ」は存在しないことになります。必要がなければ、わざわざ「養殖」と表記する業者はいませんよね。わかめの養殖技術は1960年代後半に確立されています。以来、養殖ものの比率はどんどん高くなっているそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る