みのの発言に日テレ社長は反論 日本の“コネ入社”ってどうなの?

公開日: 更新日:

 みのもんた(69)が次男(31)を日本テレビに「コネ入社させた」という発言に対し、同社の大久保好男社長が「正規の手続きで入社している」と真っ向から反論して話題となっている。ハテ? 日本のコネ入社の現状はどうなのか。

 今さらテレビ局が縁故採用を否定しても誰も信じないが、みの発言で同社には街宣車が来ていたというから、コネ入社を否定したのも分からなくはない。

 一方、日本と違って米国では「コネ入社」が当たり前。全員が一緒に行う筆記試験のようなものもなく、その代わり、入社後に成績を残せなければ、バッサリ解雇を言い渡される。

 では、日本のコネ入社はどうなっているのか。
「テレビ業界では、新卒入社の1~3割がコネ入社といわれます。これが地方局だと、さらに割合は大きく跳ね上がります。むしろ、大手広告代理店のように〈コネや縁故は得意先との関係を円滑にする手段〉と割り切っているテレビ局もあります」(就職情報誌・編集者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

  10. 10

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

もっと見る