売れているからこそ改良 「日清のどん兵衛」進化の歴史

公開日: 更新日:

 今年もあとわずか。一年の締めは年越しそばということで、日清食品の看板商品「日清のどん兵衛」に注目したい。メジャーブランドながら常に攻めの姿勢。改良や新商品の投入など、毎年話題に事欠かない。今年11月には、生うどん、生そば食感のノンフライ袋麺を発売し、上々の滑り出し。特にそばが好調だという。

 誕生は1976年。ほかの和風カップ麺との差別化を図るため、どん兵衛はマーケティングの手法を取り入れ開発された。それはつまり、消費者が求めるものを作るということ。結果、どんぶり型の容器、麺はうどんらしく白く・太くという本格派の製品になった。とくに画期的だったのが、東西で異なる2種類のつゆ。

「嗜好の地域性にこだわった。東日本は濃い口、西日本は薄口文化。その特徴を忠実に再現した」(ブランドマネジャーの大石哲夫氏)

 戦略は見事当たり、「きつねうどん」も「天ぷらそば」も発売と同時に売れに売れた。以来、本格和風カップ麺のパイオニアとして市場を牽引してきたわけだが、その勢いがいまなお続いているのがどん兵衛の強みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る