売れているからこそ改良 「日清のどん兵衛」進化の歴史

公開日:  更新日:

 今年もあとわずか。一年の締めは年越しそばということで、日清食品の看板商品「日清のどん兵衛」に注目したい。メジャーブランドながら常に攻めの姿勢。改良や新商品の投入など、毎年話題に事欠かない。今年11月には、生うどん、生そば食感のノンフライ袋麺を発売し、上々の滑り出し。特にそばが好調だという。

 誕生は1976年。ほかの和風カップ麺との差別化を図るため、どん兵衛はマーケティングの手法を取り入れ開発された。それはつまり、消費者が求めるものを作るということ。結果、どんぶり型の容器、麺はうどんらしく白く・太くという本格派の製品になった。とくに画期的だったのが、東西で異なる2種類のつゆ。

「嗜好の地域性にこだわった。東日本は濃い口、西日本は薄口文化。その特徴を忠実に再現した」(ブランドマネジャーの大石哲夫氏)

 戦略は見事当たり、「きつねうどん」も「天ぷらそば」も発売と同時に売れに売れた。以来、本格和風カップ麺のパイオニアとして市場を牽引してきたわけだが、その勢いがいまなお続いているのがどん兵衛の強みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る