筆ペン超ロングセラー「ぺんてる筆」 本物を超えたヒミツとは?

公開日:  更新日:

■「獣毛の質感」でシェアトップ

 この時期、文房具売り場で存在感を見せる筆ペン。その主役といえるのは、ぺんてるの「ぺんてる筆」だ。本格的な毛筆タイプの筆ペンは、1976年の発売以来、圧倒的な人気を誇る。

「本物を超えた品質」。それが長年支持される理由だ。毛筆の最上級品であるイタチ毛などの天然毛を一切使わずに、毛筆の書き心地を忠実に再現するため、ぺんてるは獣毛の質感に近いナイロンを選定し、独自のテーパー加工技術を確立した。

「獣毛はしなやかな先細りになっているが、ぺんてる筆のナイロンは、根元から先端に向かって釣り竿のように先細り加工ができるため、まさに獣毛のような仕上がり。さらに、ナイロンは弾力性や耐久性に優れ、水含みもいいなど利点も多いことから、本物を超えた品質が実現した」(国内営業本部の川崎貴昭氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る