• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

筆ペン超ロングセラー「ぺんてる筆」 本物を超えたヒミツとは?

投稿日:  更新日:

■「獣毛の質感」でシェアトップ

 この時期、文房具売り場で存在感を見せる筆ペン。その主役といえるのは、ぺんてるの「ぺんてる筆」だ。本格的な毛筆タイプの筆ペンは、1976年の発売以来、圧倒的な人気を誇る。

「本物を超えた品質」。それが長年支持される理由だ。毛筆の最上級品であるイタチ毛などの天然毛を一切使わずに、毛筆の書き心地を忠実に再現するため、ぺんてるは獣毛の質感に近いナイロンを選定し、独自のテーパー加工技術を確立した。

「獣毛はしなやかな先細りになっているが、ぺんてる筆のナイロンは、根元から先端に向かって釣り竿のように先細り加工ができるため、まさに獣毛のような仕上がり。さらに、ナイロンは弾力性や耐久性に優れ、水含みもいいなど利点も多いことから、本物を超えた品質が実現した」(国内営業本部の川崎貴昭氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る