• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

筆ペン超ロングセラー「ぺんてる筆」 本物を超えたヒミツとは?

■「獣毛の質感」でシェアトップ

 この時期、文房具売り場で存在感を見せる筆ペン。その主役といえるのは、ぺんてるの「ぺんてる筆」だ。本格的な毛筆タイプの筆ペンは、1976年の発売以来、圧倒的な人気を誇る。

「本物を超えた品質」。それが長年支持される理由だ。毛筆の最上級品であるイタチ毛などの天然毛を一切使わずに、毛筆の書き心地を忠実に再現するため、ぺんてるは獣毛の質感に近いナイロンを選定し、独自のテーパー加工技術を確立した。

「獣毛はしなやかな先細りになっているが、ぺんてる筆のナイロンは、根元から先端に向かって釣り竿のように先細り加工ができるため、まさに獣毛のような仕上がり。さらに、ナイロンは弾力性や耐久性に優れ、水含みもいいなど利点も多いことから、本物を超えた品質が実現した」(国内営業本部の川崎貴昭氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  2. 2

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  3. 3

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  4. 4

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  5. 5

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  6. 6

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  7. 7

    “三選”か“一寸先は闇”となるか…注目は小沢、小泉に船田元

  8. 8

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  9. 9

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  10. 10

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

もっと見る