「君に友だちはいらない」瀧本哲史

公開日: 更新日:

■エースに頼る企業は限界

「世の中を変えるにはチームを組んだ方がいい」と瀧本氏は言う。

 ここでのチームとは、いわゆるスポ根的なチームワークとは違う。目的を果たすためにタイプの違う人間が少数集まること。

 瀧本氏は、「私たちが時代をプチやぶるのに必要なのは、これまでの野球的な戦いから、サッカー的な戦いにシフトすることです」と、こう続ける。

「日本サッカーの本格的な歴史はまだ20年。1993年のJリーグ開幕から、“短期間でW杯出場”を目指して成功している。それはなぜか。むちゃなスケジュールを実現させるために、海外から大物助っ人選手などを呼び、マーケティング担当や経営陣に関しても業界外から人材を受け入れたからです。チームの構造も重要で、野球は全員が決められたポジションで決められた動きをする。その中に、絶対的なエースと4番が存在する。一方のサッカーは、ポジションはあるものの、状況にあわせ自由に動き回る。FWだけじゃなく、MF、GKもエースになりえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    TV界席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がん告白

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

もっと見る