• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今夜から始めよう 「去年より幸せに生きる」7つの方策

 年末ジャンボはあっさりハズレ、競馬の金杯はかすりもしなかった。だれかが“午(うま)年はウマくいく”な~んて言ってたけど、うそっぱちだ――。と、新年早々、ネガティブな気分でいては幸せは訪れない。去年より“幸福を感じながら暮らしたい”と思ったら、自ら動くべし。具体的方法を考えた。

(1)素直に生きる

 加齢とともに幸福感が増す――。こんな研究結果があるというのは、脳科学に詳しい諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授だ。

「去年より1つ年を取る分、今年はほうっておいても幸せに生きられます。加齢で困難や不安などを少しずつスルーする能力が高まるからです。ただし、頑固者はこの範疇(はんちゅう)にあらず。素直に生きることが幸福への第一歩です」

(2)健康が第一

 UCLA(カリフォルニア大ロサンゼルス校)のブレスロー教授が提唱した7つの健康習慣も重要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

もっと見る