今夜から始めよう 「去年より幸せに生きる」7つの方策

公開日:  更新日:

 年末ジャンボはあっさりハズレ、競馬の金杯はかすりもしなかった。だれかが“午(うま)年はウマくいく”な~んて言ってたけど、うそっぱちだ――。と、新年早々、ネガティブな気分でいては幸せは訪れない。去年より“幸福を感じながら暮らしたい”と思ったら、自ら動くべし。具体的方法を考えた。

(1)素直に生きる

 加齢とともに幸福感が増す――。こんな研究結果があるというのは、脳科学に詳しい諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授だ。

「去年より1つ年を取る分、今年はほうっておいても幸せに生きられます。加齢で困難や不安などを少しずつスルーする能力が高まるからです。ただし、頑固者はこの範疇(はんちゅう)にあらず。素直に生きることが幸福への第一歩です」

(2)健康が第一

 UCLA(カリフォルニア大ロサンゼルス校)のブレスロー教授が提唱した7つの健康習慣も重要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る