クリントンNG、オランドOK 「大統領の不倫」欧米の“差”

公開日: 更新日:

「フランス人って寛大だなぁ」と思った人もいるだろう。オランド大統領(59)の浮気騒動である。

 オランド氏は今月10日、芸能誌で女優ジュリー・ガイエ(41)との密会を暴露された。同氏はジャーナリストのバレリー・トリルベレールさん(48)と事実婚の関係にあるため、不倫密会である。ところが大騒ぎになるかと思ったら、さにあらず。フランスの有権者を対象にした調査では77%が「大統領の恋愛は彼自身の問題で、他人がとやかく言うものではない」と回答。非難する動きもない。なぜか。

 フランス留学経験がある明大講師の関修氏(心理学)は「過去に血を流したからです」と言う。

「フランス革命によってフランス人は民衆と王室の血を流し、自分たちの手で民主主義を勝ち取りました。こんなことは欧米諸国の歴史でもフランスだけです。フランスは民主主義維持のために一定のルールを設け、政教分離のように物事を分けて考えるようになったのです。だから公職と恋愛も別物と考える。大げさに言うと、成熟した大人の社会です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  5. 5

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  6. 6

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  7. 7

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  8. 8

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る