月額たった2980円 イオンの「格安スマホ」は売り切れ必至

公開日: 更新日:

 流通大手のイオンが、限定8000台で発売すると話題の格安スマホ。

 通信速度は200Kbpsと、大手3社が提供する高速データ通信サービスに比べれば500分の1程度だが、なにせ「端末代」と「定額ネット接続代金」「通話基本料」の合計が月額2980円。どうケチケチ使っても月額7000円前後はかかるドコモやソフトバンクの半額以下でスマホが持てるのは大きい。端末はグーグルの「ネクサス4」。2年間の契約期間中にやめても、大手のような解約金は発生しないから安心だ。

「イオンは、店舗内の端末売り場で、スマホユーザーのニーズを徹底的に聞いたといいます。その多くが、<機能は最低限でいいから安いものを>だったのです」(流通担当記者)

■ライトユーザーにぴったり

 この格安スマホ、果たして受け入れられるのか。ITジャーナリストの井上トシユキ氏は、「あっという間に売り切れるでしょう」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る