月額たった2980円 イオンの「格安スマホ」は売り切れ必至

公開日: 更新日:

 流通大手のイオンが、限定8000台で発売すると話題の格安スマホ。

 通信速度は200Kbpsと、大手3社が提供する高速データ通信サービスに比べれば500分の1程度だが、なにせ「端末代」と「定額ネット接続代金」「通話基本料」の合計が月額2980円。どうケチケチ使っても月額7000円前後はかかるドコモやソフトバンクの半額以下でスマホが持てるのは大きい。端末はグーグルの「ネクサス4」。2年間の契約期間中にやめても、大手のような解約金は発生しないから安心だ。

「イオンは、店舗内の端末売り場で、スマホユーザーのニーズを徹底的に聞いたといいます。その多くが、<機能は最低限でいいから安いものを>だったのです」(流通担当記者)

■ライトユーザーにぴったり

 この格安スマホ、果たして受け入れられるのか。ITジャーナリストの井上トシユキ氏は、「あっという間に売り切れるでしょう」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る