月額たった2980円 イオンの「格安スマホ」は売り切れ必至

公開日:  更新日:

 流通大手のイオンが、限定8000台で発売すると話題の格安スマホ。

 通信速度は200Kbpsと、大手3社が提供する高速データ通信サービスに比べれば500分の1程度だが、なにせ「端末代」と「定額ネット接続代金」「通話基本料」の合計が月額2980円。どうケチケチ使っても月額7000円前後はかかるドコモやソフトバンクの半額以下でスマホが持てるのは大きい。端末はグーグルの「ネクサス4」。2年間の契約期間中にやめても、大手のような解約金は発生しないから安心だ。

「イオンは、店舗内の端末売り場で、スマホユーザーのニーズを徹底的に聞いたといいます。その多くが、<機能は最低限でいいから安いものを>だったのです」(流通担当記者)

■ライトユーザーにぴったり

 この格安スマホ、果たして受け入れられるのか。ITジャーナリストの井上トシユキ氏は、「あっという間に売り切れるでしょう」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る