• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【住友生命】40代半ばで年収1200万円

 独立の第一歩として生命保険に加入する新社会人は少なくない。スミセイの愛称でおなじみの同社。Aさん(47)の年収は1200万円だ。うらやましいという声も聞こえてきそうだが現実はそうでもない。
「まずは昇任試験にパスしなければなりません。管理職になると、地方転勤は当たり前。営業の最前線である生保レディーの対応をはじめ、事務方や上司との相性や関連機関との関係などでも成績が左右される。気が抜けませんね。個人実績給、会社実績給、部門実績給の3つが合算されますので、景気の動向にも影響されるのです」

 女性が多い職場ということもあり、育児や子育てをしながら勤務をし、子供の手が離れたからとバリバリ働く女子社員も少なくない。
「いかに女性のモチベーションを上げていくかがポイントです。優秀な女性には管理職になってもらい、部下になる営業社員をリクルートしてもらう。また、ある時はイベントを組んで契約を取ってもらえるようにしています」

 地方転勤でも社宅なら自己負担は1万円ほど。「残業代も出ますので貯金はしっかりできます。営業が好きで長く勤めたい人にとっては最高の会社です」と語るAさん。信用格付けAランクの会社だけあって社員の待遇もA級である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る