世界遺産登録「富岡製糸場」 観光バブルは2年ではじける

公開日:  更新日:

 世界文化遺産登録が確実になった群馬県の富岡製糸場。群馬には世界遺産どころか国宝もない。大沢正明知事は「県民の誇り」と大喜びで、関係者も観光収入アップに期待を膨らませているが、そう期待通りにはいかないかもしれない。世界遺産バブルは、しょせん一過性だからだ。

 たとえば、07年7月に世界文化遺産に登録された島根県の石見銀山。
「登録前の観光客数は年30万~40万人で、登録された07年は70万人、08年は80万人と2倍に増えてウハウハでしたが、やはり日本人は飽きっぽいんです。その後は右肩下がりで、今は40万~50万人と、バブルははじけています」(同県関係者)

 文字通りぬか喜びだったわけ。11年6月に同じく世界文化遺産に登録された岩手県の平泉も状況は似ている。

「東日本大震災の影響で平泉は観光客が激減したんですが、世界遺産登録で持ち直しました。10年前まで170万人弱だったのが、登録の翌年には250万人超。それだって、20年前の水準に戻っただけです。外国人観光客に至っては、震災前の水準を割り込んでいる。もろ手を挙げて、とはいきません」(同町関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る