世界遺産登録「富岡製糸場」 観光バブルは2年ではじける

公開日:  更新日:

 世界文化遺産登録が確実になった群馬県の富岡製糸場。群馬には世界遺産どころか国宝もない。大沢正明知事は「県民の誇り」と大喜びで、関係者も観光収入アップに期待を膨らませているが、そう期待通りにはいかないかもしれない。世界遺産バブルは、しょせん一過性だからだ。

 たとえば、07年7月に世界文化遺産に登録された島根県の石見銀山。
「登録前の観光客数は年30万~40万人で、登録された07年は70万人、08年は80万人と2倍に増えてウハウハでしたが、やはり日本人は飽きっぽいんです。その後は右肩下がりで、今は40万~50万人と、バブルははじけています」(同県関係者)

 文字通りぬか喜びだったわけ。11年6月に同じく世界文化遺産に登録された岩手県の平泉も状況は似ている。

「東日本大震災の影響で平泉は観光客が激減したんですが、世界遺産登録で持ち直しました。10年前まで170万人弱だったのが、登録の翌年には250万人超。それだって、20年前の水準に戻っただけです。外国人観光客に至っては、震災前の水準を割り込んでいる。もろ手を挙げて、とはいきません」(同町関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る