スカイツリーから東京タワーへ アラフォー記者1人散歩記

公開日: 更新日:

 ここは入場料200円。タダじゃないから素通りするも、30メートル先に「芭蕉庵跡」の文字が。そう、芭蕉の住居跡だ。ここから、全国各地を旅して「奥の細道」を著した。こちらは無料だから立ち寄る。「芭蕉稲荷神社」も併設されているので、散歩の無事を祈願して、先に進んだ。

 隅田川にかかる清洲橋を渡り、出発地のスカイツリーを右手に見る。「ああ、小さくなった」と稼いだ距離を実感した。でも、実際にはまだ5キロしか歩いていない。

 中央区に入り、人形町にある甘酒横丁を通り抜けて、3月下旬にオープンした「コレド室町2」(同区日本橋室町)で小休憩。ここは飲食店が39店舗も入っており、お昼にはもってこい。でも記者には目指す場所があった。

 それは東京駅八重洲口前にある「北海道チューボー」。ここでは北海道のうまい物が安く堪能できる。到着してすぐ、生ビール、知床鶏のザンギ(からあげ)、ジャガイモバター塩辛付き、みそラーメンを注文した。3時間30分歩いた後のラーメンは胃の中に染み渡る。「いままで食べたラーメンの中で一番うまい」と一気に食べた。会計は1780円。やっぱり安い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る