損害賠償はどうなる? BBQで山火事「40歳会社員」逮捕

公開日: 更新日:

■年2000件ペース

 林野庁によると、山火事は2012年までの5年間の平均で、1年に約2000件も発生しているから他人事じゃない。今月8日には、東京・奥多摩町で私有地の山林6ヘクタールを焼失させる火事が起きたばかり。近くに住む51歳男が畑で父親の遺品を焼いていたところ、火が燃え広がったのだという。

「林野庁の調査では、国内の山火事による焼失面積は年間約1000ヘクタールで、損害額は約4億8000万円です。単純計算で山林70ヘクタールならざっと3300万円を超える。消火活動にかかった費用は請求されませんが、サラリーマンが右から左で払える額ではありません」(ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

 夏本番に向け、BBQの機会が増える時季。もしもの時に備えることはできるのか。
「『個人賠償責任保険』に入っておくと安心です。火災、自動車、傷害保険の特約として入れます。最近多い自転車による人身事故や、ペットが近所の人に噛みついたなどの日常生活で起こり得るトラブルに対応できます。今回のような山火事も故意でないと証明されれば、支払い対象となるでしょう。限度額は各社によりますが、5000万~1億円の特約もあります」(日本損害保険協会広報担当者)

 家族サービスにキャンプを計画中のお父さんは、特約の確認をしておいた方がよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る