政府が狙う「解雇の金銭解決」は労働者保護のルール改悪だ

公開日:  更新日:

 政府はいま、不当にクビにされた労働者が裁判所に訴えて「解雇は無効!」との判決を勝ち取ったとしても、そのあと会社がお金を払えば、結局その労働者をクビにできる制度を導入しようとしている。これは「解雇の金銭解決制度」と呼ばれるもの。事実上の“クビ切り自由化”である。

 同制度が導入されたら、会社にとっては怖いものなし。裁判で負けるリスクなどお構いなく、どんどんクビ切りを行うようになるだろう。そして労働者本人が職場復帰を望んでも、会社がお金を払えば職場復帰の道は閉ざされてしまう。

 では、なぜ解雇規制の議論がなされるようになったのか。その背 景には、「成熟産業から成長産業への労働移動促進により経済成長を図る」という安倍政権の考え方がある。しかし、雇用の受け皿となる成長産業をどう生み出すかといった議論がされず、成熟産業から労働者をほうり出すためのクビ切りのルール作りばかりが先行。議論の順序が逆なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る