政府が狙う「解雇の金銭解決」は労働者保護のルール改悪だ

公開日: 更新日:

 政府はいま、不当にクビにされた労働者が裁判所に訴えて「解雇は無効!」との判決を勝ち取ったとしても、そのあと会社がお金を払えば、結局その労働者をクビにできる制度を導入しようとしている。これは「解雇の金銭解決制度」と呼ばれるもの。事実上の“クビ切り自由化”である。

 同制度が導入されたら、会社にとっては怖いものなし。裁判で負けるリスクなどお構いなく、どんどんクビ切りを行うようになるだろう。そして労働者本人が職場復帰を望んでも、会社がお金を払えば職場復帰の道は閉ざされてしまう。

 では、なぜ解雇規制の議論がなされるようになったのか。その背 景には、「成熟産業から成長産業への労働移動促進により経済成長を図る」という安倍政権の考え方がある。しかし、雇用の受け皿となる成長産業をどう生み出すかといった議論がされず、成熟産業から労働者をほうり出すためのクビ切りのルール作りばかりが先行。議論の順序が逆なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る