京都往復+宿泊費で2万円弱! 超お得な「シニア割」続々

公開日:  更新日:

株、飛行機、スーパー、薬局、釣り船…

 シニアを対象に料金を割り引くシニアプランが大人気だ。これを使わない手はない。そこで、日刊ゲンダイ本紙が代表的なものをチェックした――。

 下記表を見てほしい。鉄道や飛行機、ホテル、レンタカー、スーパー、ドラッグストアなど、ありとあらゆるシーンで、シニア割引が受けられる。
 意外なのは、カブドットコム証券だ。現物取引限定で、50歳以上60歳未満は手数料が2%オフ、60歳以上は4%オフになる。約定金額が100万円だと、通常990円の手数料がかかるが、60歳以上は950円で済む。

 旅行も安上がりだ。サンルートホテルの「アクティブシニアプラン」は60歳以上が対象で、基本料金が最大半額。東海道新幹線開業50周年に沸くJR東海は、50歳以上を対象とする「50+」で記念プランを発売中。たとえば、東京―京都の往復新幹線代とホテル代

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る