監督は「規律」か「放任」か? W杯観戦は“マネジメント視点”で

公開日:  更新日:

 ブラジルW杯まであと3週間。ザッケローニ監督(61)率いる日本代表がどんな試合を見せるのか楽しみだが、日本が出場した過去のW杯を振り返れば、日本代表と監督は、サラリーマン社会の縮図ということに気づく。

「W杯の醍醐味(だいごみ)は、試合内容もさることながら、短期決戦中に監督のマネジメント次第でチームが化けたりガタガタしたりと、士気が変わること。組織を託される管理職や中高年サラリーマンには大いに参考になると思います」(人事ジャーナリスト・溝上憲文氏)

 強豪国や有名クラブを問わず、サッカー監督の主流は「規律重視型」だ。試合の戦術から選手の体調管理まですべてに目を光らせ、言うことを聞かないなら、スーパースターだろうがバッサリ切る。

「W杯優勝候補であるドイツ代表のレーブ監督(54)や、ロシア代表監督のカペッロ(67)がいい例。レーブは大会中、無断でチームを離れた選手を永久追放にしましたし、カペッロは交代で出場した選手を5分で代えることもザラでした」(ベテランサッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る