• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

細貝と中村憲の“傷口”に塩 ザックの懲りないKY発言

 ザッケローニにしてみたら「ちゃんとフォローしたよぉ~」というコトなんだろうが…。
 15日、日本代表ザッケローニ監督が、ブラジルW杯のメンバー選考の“舞台裏”について語った。

 ブンデスリーガ1部ヘルタのMF細貝萌、Jリーグ川崎のMF中村憲剛の2人の名前を挙げて「代表23人に入れるかどうか、ギリギリまで迷った」と話したのである。
 細貝、中村憲は「予備登録選手7人」に入っている。しかし、23選手にケガ人が出ない限り、W杯出場はかなわぬ夢となる。

■ルフカイ監督も怒り心頭

 細貝はヘルタの主軸としてドイツ組の中で最長出場時間を誇り、ヘルタのルフカイ監督が「ベルリンで素晴らしいシーズンを送ったのに選ばれなかった。まったく理解に苦しむ」と怒り心頭。


 細貝自身は大きなショックを受け、選考外についてコメントを残していない。中村憲は「今回の“喪失感”は一生忘れられない」と自身のブログで吐露。さらに「サッカーがあれば前を向いていける。今までやってきたことに悔いはない」と続け、悔しさをにじませながらも前向きコメントを残し、サッカー界以外からも「感動した!」など好意的な意見が相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る