細貝と中村憲の“傷口”に塩 ザックの懲りないKY発言

公開日:  更新日:

 ザッケローニにしてみたら「ちゃんとフォローしたよぉ~」というコトなんだろうが…。
 15日、日本代表ザッケローニ監督が、ブラジルW杯のメンバー選考の“舞台裏”について語った。

 ブンデスリーガ1部ヘルタのMF細貝萌、Jリーグ川崎のMF中村憲剛の2人の名前を挙げて「代表23人に入れるかどうか、ギリギリまで迷った」と話したのである。
 細貝、中村憲は「予備登録選手7人」に入っている。しかし、23選手にケガ人が出ない限り、W杯出場はかなわぬ夢となる。

■ルフカイ監督も怒り心頭

 細貝はヘルタの主軸としてドイツ組の中で最長出場時間を誇り、ヘルタのルフカイ監督が「ベルリンで素晴らしいシーズンを送ったのに選ばれなかった。まったく理解に苦しむ」と怒り心頭。


 細貝自身は大きなショックを受け、選考外についてコメントを残していない。中村憲は「今回の“喪失感”は一生忘れられない」と自身のブログで吐露。さらに「サッカーがあれば前を向いていける。今までやってきたことに悔いはない」と続け、悔しさをにじませながらも前向きコメントを残し、サッカー界以外からも「感動した!」など好意的な意見が相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る