1トップ、両サイド以外に…FW岡崎が代表でこなす「五刀流」

公開日: 更新日:

「どこでもやる」ヤル気満々

 さすがは「欧州主要リーグ・1シーズン最多得点記録保持者」だ。 ブンデスリーガ1部マインツ所属のFW岡崎慎司が、帰国後も好調ぶりをキープ。19日まで行われた「欧州組合同自主トレ」でもキレキレの動きを見せ、ザッケローニ日本代表監督を喜ばせた。

 岡崎本人も「日本代表のエース格」を十分に自覚。「マインツで点取り屋としての感覚が完全に蘇った。ブラジルでもゴールを目指す!」とヤル気満々。定位置の右サイドアタッカー以外に「左でも1トップでもやることは変わらない。どこでもやる」と“三刀流”宣言だ。

 ところがサッカー関係者は「いやいや、そんなモンじゃない。岡崎はブラジルで“五刀流”をこなすことになるんじゃないか」と、こう続ける。

■DF吉田、内田と「お笑いトリオ」結成

「岡崎というのは、かなりレベルの高い天然キャラ。たとえば、自分がプレーしているドイツのブンデスリーガをブンデスリー“グ”と言う癖がいまだに抜けず、チームメートから『岡ちゃん、いつになったらちゃんと覚えるの?』とイジられている。近年、額が急激に後退して若ハゲに悩んでいるが、後輩に前髪を触られて額の広さを確認されても終始ニコニコ顔。チームの“癒やし係”という役割も担っている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る