【理研ビタミン】安定した収益で給与は最高水準

公開日:  更新日:

「ふえるわかめ」「ノンオイルドレッシング」などを製造する同社は、独立行政法人理化学研究所の成果を企業化したリケングループの一員。

 管理職として働くAさん(52)の年収は約1200万円だ。賞与は常に100万円を超えるという。

 Aさんは「40代になると、平社員でも800万円を超えます。残業は月15時間ほど。家族手当や残業手当もキッチリ出ますし、福利厚生も手厚いですね。年間休日が125日あり、有給休暇も取得しやすいので今年のGWは家族で海外旅行に行きました。割引制があって、ディズニーランドにも安く行けますよ」と話す。

 育児中は時短勤務が当たり前で、職場復帰する女子社員がほとんどなのだという。
「素材や技術で他社にないものを持っていますので、営業もかなり強気ですね。無理なことを言う顧客は基本的に断ります。ルートセールスがほとんどでノルマもありません。何せ前期(14年3月期)は、売り上げ約850億円で経常利益が50億円を超えていますから、あまりリスクを冒す必要はないんです」(Aさん)

 資格取得のための通信教育は無料で受けられ、ジョブローテーションもほとんどないという。
「係長までは残業代が出るので、あえて管理職にならない人も多いですよ」とAさん。
 ワカメのように増える給与がうらやましい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る