• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

子どもと入浴ならマスト…風呂専用メガネ「Forゆ」誕生秘話

“お風呂専用メガネ”と銘打って、昨年6月に発売した「Forゆ」(1310円)が、1年で10万本を超える大ヒット。その生みの親が馬場さんで、親しみやすい商品名の名付け親が引田さんだ。

「風呂専用メガネの要望は以前からあったんです。一般的なメガネは熱に弱く、さびやすいですからね。とはいえ熱に強くてさびない、しかも落としても割れず、曇りにくいメガネというのは相当ハードルが高く、社内の誰もが二の足を踏んでいました」(馬場さん)

 そんな馬場さんが一念発起したのは、子どもの誕生がきっかけ。

「子どもの体を洗うためにメガネを外して風呂に入ると手元が見えなくて危ない。やっぱり風呂専用メガネが必要だと思いました」(馬場さん)

■金属を一切使わない

 まず考えたのが、メガネの天敵である「熱」と「さび」への対策。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る