子どもと入浴ならマスト…風呂専用メガネ「Forゆ」誕生秘話

公開日: 更新日:

“お風呂専用メガネ”と銘打って、昨年6月に発売した「Forゆ」(1310円)が、1年で10万本を超える大ヒット。その生みの親が馬場さんで、親しみやすい商品名の名付け親が引田さんだ。

「風呂専用メガネの要望は以前からあったんです。一般的なメガネは熱に弱く、さびやすいですからね。とはいえ熱に強くてさびない、しかも落としても割れず、曇りにくいメガネというのは相当ハードルが高く、社内の誰もが二の足を踏んでいました」(馬場さん)

 そんな馬場さんが一念発起したのは、子どもの誕生がきっかけ。

「子どもの体を洗うためにメガネを外して風呂に入ると手元が見えなくて危ない。やっぱり風呂専用メガネが必要だと思いました」(馬場さん)

■金属を一切使わない

 まず考えたのが、メガネの天敵である「熱」と「さび」への対策。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

  10. 10

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る