子どもと入浴ならマスト…風呂専用メガネ「Forゆ」誕生秘話

公開日:  更新日:

“お風呂専用メガネ”と銘打って、昨年6月に発売した「Forゆ」(1310円)が、1年で10万本を超える大ヒット。その生みの親が馬場さんで、親しみやすい商品名の名付け親が引田さんだ。

「風呂専用メガネの要望は以前からあったんです。一般的なメガネは熱に弱く、さびやすいですからね。とはいえ熱に強くてさびない、しかも落としても割れず、曇りにくいメガネというのは相当ハードルが高く、社内の誰もが二の足を踏んでいました」(馬場さん)

 そんな馬場さんが一念発起したのは、子どもの誕生がきっかけ。

「子どもの体を洗うためにメガネを外して風呂に入ると手元が見えなくて危ない。やっぱり風呂専用メガネが必要だと思いました」(馬場さん)

■金属を一切使わない

 まず考えたのが、メガネの天敵である「熱」と「さび」への対策。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る