【アース製薬】デング熱で売上げ好調のホクホク

公開日: 更新日:

 猛威を振るったデング熱の影響で軒並み株価が上がった殺虫剤メーカー。

 そのひとつ、同社に勤務するAさん(32)の年収は約600万円。同業他社に比べ高水準だ。Aさんは「賞与は年3回、地域手当の比率が大きく、東京なら月12万円、地方なら1万円と年間で100万円くらいの差が出ます。出世をして東京勤務になるのが得策なのですが、老舗メーカーにありがちな上司にゴマをする社員が昇進する傾向にあります」とやや苦笑い。

 大塚製薬のグループ企業なので、フィットネスクラブなどの福利厚生は充実している。「営業のノルマはさほど厳しくありませんが、殺虫剤のハイシーズンは客先回りや資料作りで夜遅くまで拘束されます。夏季休暇が5日付与されるのですが、なかなか消化できないのが現状ですね」とAさん。

 年中無休の小売店が増えたこともあり、土日出勤は当たり前。出来る人に仕事が集中するといった同僚たちの愚痴も多いのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る