【アース製薬】デング熱で売上げ好調のホクホク

公開日:  更新日:

 猛威を振るったデング熱の影響で軒並み株価が上がった殺虫剤メーカー。

 そのひとつ、同社に勤務するAさん(32)の年収は約600万円。同業他社に比べ高水準だ。Aさんは「賞与は年3回、地域手当の比率が大きく、東京なら月12万円、地方なら1万円と年間で100万円くらいの差が出ます。出世をして東京勤務になるのが得策なのですが、老舗メーカーにありがちな上司にゴマをする社員が昇進する傾向にあります」とやや苦笑い。

 大塚製薬のグループ企業なので、フィットネスクラブなどの福利厚生は充実している。「営業のノルマはさほど厳しくありませんが、殺虫剤のハイシーズンは客先回りや資料作りで夜遅くまで拘束されます。夏季休暇が5日付与されるのですが、なかなか消化できないのが現状ですね」とAさん。

 年中無休の小売店が増えたこともあり、土日出勤は当たり前。出来る人に仕事が集中するといった同僚たちの愚痴も多いのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る