【アース製薬】デング熱で売上げ好調のホクホク

公開日: 更新日:

 猛威を振るったデング熱の影響で軒並み株価が上がった殺虫剤メーカー。

 そのひとつ、同社に勤務するAさん(32)の年収は約600万円。同業他社に比べ高水準だ。Aさんは「賞与は年3回、地域手当の比率が大きく、東京なら月12万円、地方なら1万円と年間で100万円くらいの差が出ます。出世をして東京勤務になるのが得策なのですが、老舗メーカーにありがちな上司にゴマをする社員が昇進する傾向にあります」とやや苦笑い。

 大塚製薬のグループ企業なので、フィットネスクラブなどの福利厚生は充実している。「営業のノルマはさほど厳しくありませんが、殺虫剤のハイシーズンは客先回りや資料作りで夜遅くまで拘束されます。夏季休暇が5日付与されるのですが、なかなか消化できないのが現状ですね」とAさん。

 年中無休の小売店が増えたこともあり、土日出勤は当たり前。出来る人に仕事が集中するといった同僚たちの愚痴も多いのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る