• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

発売から44年 期間限定アイテムで「ジョア」が再ブレーク

 ヤクルト(ヤクルト本社)を代表するロングセラー、はっ酵乳の「ジョア」が好調だ。2010年に本格導入した期間限定品の効果でユーザー層が拡大。売り上げが前年比アップを続けている。

 ジョアは1970年、生きて腸まで届く「乳酸菌シロタ株」と牛乳1本分(200ミリリットル)のカルシウムが取れる、世界初のドリンクタイプのヨーグルトとして誕生した。創業以来の看板商品「ヤクルト」(35年発売)に続く主力となるべく開発されたジョアは、栄養や機能性を重視しながら、選べる楽しさ、おいしさも提案。「プレーン」「マンダリン」「ブラックカーラント」の3品で販売を始めると、順調に売り上げを伸ばし、72年には1日当たり約177万2000本を販売。期待どおりのヒット商品となった。

 以降、定期的にアイテムの入れ替えを行い、98年にはトクホも取得(99年から訴求)するなど、時代のニーズに合わせた展開を進めてきた。現在、定番は4品体制。「プレーン」、「ストロベリー」(76年発売)、「ブルーベリー」(同00年)、「白ぶどう」(同08年)を揃えている。加えて、期間限定は「アップル」を発売中(9月~)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る