発売から44年 期間限定アイテムで「ジョア」が再ブレーク

公開日: 更新日:

 ヤクルト(ヤクルト本社)を代表するロングセラー、はっ酵乳の「ジョア」が好調だ。2010年に本格導入した期間限定品の効果でユーザー層が拡大。売り上げが前年比アップを続けている。

 ジョアは1970年、生きて腸まで届く「乳酸菌シロタ株」と牛乳1本分(200ミリリットル)のカルシウムが取れる、世界初のドリンクタイプのヨーグルトとして誕生した。創業以来の看板商品「ヤクルト」(35年発売)に続く主力となるべく開発されたジョアは、栄養や機能性を重視しながら、選べる楽しさ、おいしさも提案。「プレーン」「マンダリン」「ブラックカーラント」の3品で販売を始めると、順調に売り上げを伸ばし、72年には1日当たり約177万2000本を販売。期待どおりのヒット商品となった。

 以降、定期的にアイテムの入れ替えを行い、98年にはトクホも取得(99年から訴求)するなど、時代のニーズに合わせた展開を進めてきた。現在、定番は4品体制。「プレーン」、「ストロベリー」(76年発売)、「ブルーベリー」(同00年)、「白ぶどう」(同08年)を揃えている。加えて、期間限定は「アップル」を発売中(9月~)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  6. 6

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  7. 7

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  8. 8

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  9. 9

    朝ドラ「まんぷく」絶好調で 安藤サクラはCM出演料が2倍に

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る