創業150周年 製茶プロが教える「正しい緑茶の入れ方」

公開日:  更新日:

 このごろ、日常生活で日本茶を飲む機会がめっきり減った。それだけに、日本料理屋などでおいしい煎茶が出てくるとホッとする。やっぱり日本人には日本茶だ。

 カネイ一言製茶(本社・静岡県島田市)は、来年4月に創業150周年を迎える老舗の製茶会社。工場長の一言進氏が勧めるのは「正しい(おいしい)お茶の入れ方」。覚えておいて絶対に損はない。

 まずは実験。茎の部分が混ざった茎茶(別名・棒茶)という煎茶を使用し、4人分のお茶を入れる。1人当たりの茶葉の量は3グラムで、これは小さめのティースプーンに軽く盛った程度。昔はやかんから直接きゅうすにお湯を入れたが、現在はポットを使っている家庭が多いため、90度に保温したお湯で入れることに。

 茶わんが熱くなると、お湯の温度は5~10度下がっているという。そこからさらに待つのがじれったいが、おいしいお茶を飲むには我慢も必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る