年18億個 セブンおにぎり「快進撃」のきっかけはアノ具材

公開日: 更新日:

 セブン─イレブンのおにぎりの年間販売数はなんと18億7600万個(2014年2月期)。1日あたり約514万個も売れている計算だ。今年も“具たっぷり”にリニューアルした「ツナマヨネーズ」が売り上げを大きく伸ばすなど絶好調。新シリーズの「金のおむすび」も好評で、すでに3000万個以上を販売している。

 セブン─イレブンのおにぎりは78年、手巻きタイプで始まった。おにぎりといえば海苔をじかに巻いたしっとりタイプが主流の時代に、あと巻きの「手巻おにぎり」はパリッとした海苔の食感が受けて大ブレーク。またたく間に主力商品となった。

 以来、究極の目標は“握りたて”のおいしさ。炊きたてのごはんの握りたてのおにぎりに近づけるため、ごはんも海苔も具材も包装フィルムも進化を重ねてきた。たとえば製法。大きなところでは03年の「おにぎり革命」が挙げられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る