• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年18億個 セブンおにぎり「快進撃」のきっかけはアノ具材

 セブン─イレブンのおにぎりの年間販売数はなんと18億7600万個(2014年2月期)。1日あたり約514万個も売れている計算だ。今年も“具たっぷり”にリニューアルした「ツナマヨネーズ」が売り上げを大きく伸ばすなど絶好調。新シリーズの「金のおむすび」も好評で、すでに3000万個以上を販売している。

 セブン─イレブンのおにぎりは78年、手巻きタイプで始まった。おにぎりといえば海苔をじかに巻いたしっとりタイプが主流の時代に、あと巻きの「手巻おにぎり」はパリッとした海苔の食感が受けて大ブレーク。またたく間に主力商品となった。

 以来、究極の目標は“握りたて”のおいしさ。炊きたてのごはんの握りたてのおにぎりに近づけるため、ごはんも海苔も具材も包装フィルムも進化を重ねてきた。たとえば製法。大きなところでは03年の「おにぎり革命」が挙げられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る