年18億個 セブンおにぎり「快進撃」のきっかけはアノ具材

公開日:  更新日:

 セブン─イレブンのおにぎりの年間販売数はなんと18億7600万個(2014年2月期)。1日あたり約514万個も売れている計算だ。今年も“具たっぷり”にリニューアルした「ツナマヨネーズ」が売り上げを大きく伸ばすなど絶好調。新シリーズの「金のおむすび」も好評で、すでに3000万個以上を販売している。

 セブン─イレブンのおにぎりは78年、手巻きタイプで始まった。おにぎりといえば海苔をじかに巻いたしっとりタイプが主流の時代に、あと巻きの「手巻おにぎり」はパリッとした海苔の食感が受けて大ブレーク。またたく間に主力商品となった。

 以来、究極の目標は“握りたて”のおいしさ。炊きたてのごはんの握りたてのおにぎりに近づけるため、ごはんも海苔も具材も包装フィルムも進化を重ねてきた。たとえば製法。大きなところでは03年の「おにぎり革命」が挙げられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る