専門家指摘 「突然、肉が食べたくなる」には3つの理由がある

公開日:  更新日:

 とんかつ、しょうが焼き、焼き肉、ハンバーグ……。肉は働くサラリーマンのランチの定番メニューの代表格。牛丼やハンバーガーだってあるし、財布さえ許せば豪勢にステーキランチなんてのもたまには悪くない。女性に対して“草食系”などと揶揄される20代男子だって、こと食欲に限っては大歓迎に違いない。

 歴史的には、日本は魚文化の国。焼き魚、煮魚に加え、刺し身や寿司が発達したのはご存じの通り。それが食の欧米化で、今やいつでもどこでも肉が食える時代になった。

 かくも環境に恵まれているにもかかわらず、ふと「あ~、肉食いてぇ~」とガマンできなくなることがある。魚じゃダメなのだ。人はなぜ突然、肉を食いたくなるのか?

 行動薬理学の専門家で「依存症のすべて」(講談社)の著書がある廣中直行・元専修大学教授は、3つの理由を指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る