料理研究家オススメ おいしい「レトルトパックご飯」BEST10

公開日:  更新日:

 都内のあるスーパーのお米売り場では、レンジで温めて食べる「パックごはん」が棚の3分の1を占めている。銘柄米、小食向け食べ切りサイズなど種類も豊富。共働き家庭、高齢者、単身者など幅広く人気なのだ。

 価格帯は1個100~200円程度。割高とはいえ、白米に比べたら値段の幅は狭い。

 横浜創英短期大学名誉教授で、栄養・料理研究家の則岡孝子氏は「食生活の変化だけでなく、パックごはん自体の味のクオリティーが上がっているからだと思います」と言う。

 そこで、則岡氏協力のもと、一体どれがおいしいのか、パックごはん24種を実食調査した。

■PB商品

 1個100円程度と安いものが多いが、味もなかなか。量販店のドン・キホーテでは、300グラムの大盛りサイズをメーンで販売、味もいいと評判だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る