アンジャッシュ渡部建が学生時代から通い詰める 道玄坂の老舗「中華麺店 喜楽」

公開日: 更新日:

 先月、自身初のグルメ本を出版した食通芸人、アンジャッシュの渡部建(42)。年間500軒もの飲食店を訪れるという渡部が学生時代から通い続けているのが「中華麺店 喜楽」だ。

 場所は渋谷駅から5分ほど歩いた、道玄坂の路地裏。ホテル街のど真ん中という超ディープなロケーションながら、昼夜を問わず客足が絶えない、ラーメン通なら言わずと知れた名店だ。

 昭和27年創業で現在は2代目店主が切り盛り。世代を超えて愛されてきた理由は、先代から引き継がれてきた昔ながらの味にある。

「鶏と豚でとるシンプルなスープも“揚げネギ”を入れる独自のスタイルも、創業以来ずっと変えていません。一方で、人の味覚は時代とともに変化するもの。昔の味は今の人にはしょっぱいですから、そのあたりは時代に合わせて変化させ、結果的に“変わらない味”というのを守り続けているんです」(店主)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る