アンジャッシュ渡部建が学生時代から通い詰める 道玄坂の老舗「中華麺店 喜楽」

公開日:  更新日:

 先月、自身初のグルメ本を出版した食通芸人、アンジャッシュの渡部建(42)。年間500軒もの飲食店を訪れるという渡部が学生時代から通い続けているのが「中華麺店 喜楽」だ。

 場所は渋谷駅から5分ほど歩いた、道玄坂の路地裏。ホテル街のど真ん中という超ディープなロケーションながら、昼夜を問わず客足が絶えない、ラーメン通なら言わずと知れた名店だ。

 昭和27年創業で現在は2代目店主が切り盛り。世代を超えて愛されてきた理由は、先代から引き継がれてきた昔ながらの味にある。

「鶏と豚でとるシンプルなスープも“揚げネギ”を入れる独自のスタイルも、創業以来ずっと変えていません。一方で、人の味覚は時代とともに変化するもの。昔の味は今の人にはしょっぱいですから、そのあたりは時代に合わせて変化させ、結果的に“変わらない味”というのを守り続けているんです」(店主)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る