いまがまさに転機 「今年こそ行動を起こすべき」5つのタイプ

公開日: 更新日:

 出世、転勤、退職……。サラリーマン人生には必ず何度か転機がある。それらをキッカケに“何か始めなきゃ”とか“このままじゃダメだ”と改めて考えるときと言い換えてもいい。新年がスタートした。どんな立場の人が、行動を起こすべきなのかというと――。

■給料が減った人

 去年、ボーナスが激減したり、給料が下がった人は“今までと同じ”が正解ではない。人事教育コンサルタントの本田有明氏が言う。

「具体的なリスクがあったときは考えどき。とりわけ経済的な打撃は、悔しいし生活も大変だからこそ、それをバネに奮い立たなきゃいけません。たとえば、たばこをやめるとか1年間酒をやめるとか。前からできなかったことを始めるチャンスと考えてください」

 ビジネス英語を“2年でモノにする”など、期間を決めてのスキルアップも選択肢のひとつだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

もっと見る