2年連続100勝超え 北村宏司騎手に聞いた“飛躍の転機”

公開日:  更新日:

 北村宏司(34)は13、14年と連続で勝ち星が100を超えた。30歳を過ぎてからの飛躍の裏には大きな転機があった。11年に藤沢和調教師があえて厩舎から旅立たせたのだ。この思いをくみ取り、進化を遂げた北村は、14年には師匠の管理馬スピルバーグで秋の盾を制して恩返し。フリーになった当時の気持ち、天皇賞のレース直後の思いなど、いろいろと聞いた。

――13年は101勝、14年も11月9日のAR共和国杯をフェイムゲームで制し、100勝目のメモリアルV。2年連続で大台を超えました。

「よかったです。昨年できて今年できないでは、応援して依頼していただいた関係者の方々に申し訳ないと思っていましたからね。今まで、自分はそれほど目標を立てる方ではなかったのですが、100勝+GⅠ勝ちを意識してやってきたのもあります」

――09年は87勝でしたが10年は60勝と少し勝ち星を減らしました。翌年から所属していた藤沢和厩舎からフリーに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る