• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2年連続100勝超え 北村宏司騎手に聞いた“飛躍の転機”

 北村宏司(34)は13、14年と連続で勝ち星が100を超えた。30歳を過ぎてからの飛躍の裏には大きな転機があった。11年に藤沢和調教師があえて厩舎から旅立たせたのだ。この思いをくみ取り、進化を遂げた北村は、14年には師匠の管理馬スピルバーグで秋の盾を制して恩返し。フリーになった当時の気持ち、天皇賞のレース直後の思いなど、いろいろと聞いた。

――13年は101勝、14年も11月9日のAR共和国杯をフェイムゲームで制し、100勝目のメモリアルV。2年連続で大台を超えました。

「よかったです。昨年できて今年できないでは、応援して依頼していただいた関係者の方々に申し訳ないと思っていましたからね。今まで、自分はそれほど目標を立てる方ではなかったのですが、100勝+GⅠ勝ちを意識してやってきたのもあります」

――09年は87勝でしたが10年は60勝と少し勝ち星を減らしました。翌年から所属していた藤沢和厩舎からフリーに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る