• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2年連続100勝超え 北村宏司騎手に聞いた“飛躍の転機”

投稿日:  更新日:

 北村宏司(34)は13、14年と連続で勝ち星が100を超えた。30歳を過ぎてからの飛躍の裏には大きな転機があった。11年に藤沢和調教師があえて厩舎から旅立たせたのだ。この思いをくみ取り、進化を遂げた北村は、14年には師匠の管理馬スピルバーグで秋の盾を制して恩返し。フリーになった当時の気持ち、天皇賞のレース直後の思いなど、いろいろと聞いた。

――13年は101勝、14年も11月9日のAR共和国杯をフェイムゲームで制し、100勝目のメモリアルV。2年連続で大台を超えました。

「よかったです。昨年できて今年できないでは、応援して依頼していただいた関係者の方々に申し訳ないと思っていましたからね。今まで、自分はそれほど目標を立てる方ではなかったのですが、100勝+GⅠ勝ちを意識してやってきたのもあります」

――09年は87勝でしたが10年は60勝と少し勝ち星を減らしました。翌年から所属していた藤沢和厩舎からフリーに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る