安倍政権また庶民イジメ 「わかば」「エコー」が吸えなくなる?

公開日:  更新日:

 どこまで庶民をイジメれば気が済むのか。安倍政権は、「わかば」など一部の紙巻きたばこに適用されているたばこ税の軽減税率を廃止する方針を固めた。

 どうなるかといえば、「旧3級品」と呼ばれる6銘柄が値上がりする可能性が高い。「わかば」の他に「ゴールデンバット」「エコー」「しんせい」「ウルマ」「バイオレット」だ。

 2010年のたばこ税増税で当時300円だったセブンスターが440円と、一気に140円も上がった。一方、通常の税率の半分程度に抑えられている旧3級品は250円前後と比較的安い。

■年金暮らしの老人には大打撃

「値上がり以降、旧3級品に乗り換えたという愛煙家のサラリーマンも、少なくない。平均で月に4万円と限られた小遣いでは、たばこ代もばかにならないですからね。それもあって、一気に旧3級品の消費量が増えた。そこを狙い撃ちにして実質増税しようというわけです」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る