安倍政権また庶民イジメ 「わかば」「エコー」が吸えなくなる?

公開日:  更新日:

 どこまで庶民をイジメれば気が済むのか。安倍政権は、「わかば」など一部の紙巻きたばこに適用されているたばこ税の軽減税率を廃止する方針を固めた。

 どうなるかといえば、「旧3級品」と呼ばれる6銘柄が値上がりする可能性が高い。「わかば」の他に「ゴールデンバット」「エコー」「しんせい」「ウルマ」「バイオレット」だ。

 2010年のたばこ税増税で当時300円だったセブンスターが440円と、一気に140円も上がった。一方、通常の税率の半分程度に抑えられている旧3級品は250円前後と比較的安い。

■年金暮らしの老人には大打撃

「値上がり以降、旧3級品に乗り換えたという愛煙家のサラリーマンも、少なくない。平均で月に4万円と限られた小遣いでは、たばこ代もばかにならないですからね。それもあって、一気に旧3級品の消費量が増えた。そこを狙い撃ちにして実質増税しようというわけです」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る