• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

デジタル中毒夫の勘違いで…「スマホ」が離婚の引き金になる

 高橋ジョージ(56)と三船美佳(32)の離婚の行方に注目が集まっている。結末は裁判の成り行き次第だが、NHKではドラマ「全力離婚相談」がスタート、新年早々、「離婚」がキーワードなのは間違いない。いま、夫婦のミゾを深める要因として、スマホが影響しているという。なぜか?

 良子さん(42)は、2歳上の夫と結婚して6年になる。38歳で子供をつくろうとしたが拒否された。だから共働きだ。

「夫がガラケーを使っていた頃は、帰宅すると食事もそこそこにマンガを読むのが日課。『つまらない男』と思いつつも、あれこれ文句言われるよりマシと気にしませんでした。でも、2年前に夫がスマホにかえてから、たまに一緒にいると、イライラしっ放しで……」

 夫はスマホのゲームにハマった。週末は「通信で対戦するから、オレがいないと始まらない」と、食事に呼ばれても2時間やり続けて激怒された。無言で食べ終え、再びゲーム。数日後、「ゲームやりたいから、平日は食事を別々にしよう」と妻の存在を無視するような発言が飛び出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る