“飛ばせた人が勝ち”だった 「黒ひげ危機一発」開発秘話

公開日:  更新日:

 人の集まる時期。パーティーゲームの定番といえば、タカラトミーの「黒ひげ危機一発」シリーズだ。タルに剣を刺すと黒ひげの海賊が飛び出すアクションゲームは、1975年の発売以来、幅広い世代に大人気。累計出荷数は全世界で1200万個を超える。

 誰が「黒ひげくん」を跳ばすか。“ハラハラドキドキ”のおもしろさが、黒ひげ危機一発の最大のウリだ。開発の段階では、あまりの単純さに賛否両論あったというが、むしろその明快さがうけて75年の発売と同時に大反響。翌76年には、あるテレビ番組で使われたことから認知が広がり、一躍ヒット商品となった。

 飛び出したら負けがルール。だが、もともとは「タルの中で縛られている黒ひげの縄を短剣で切って助け出す」という設定のもと、「飛び出させた人が勝ち」となる遊びだった。それが前出のテレビ番組で罰ゲーム的に使われたのをきっかけに、いつしか「跳んだら負け」が定着し、任意の時期を経て、95年から正式にルール設定。要するに、ユーザーの遊び方にメーカーが寄り添ったかたち。この柔軟さも人気の理由といえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る