• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“飛ばせた人が勝ち”だった 「黒ひげ危機一発」開発秘話

 人の集まる時期。パーティーゲームの定番といえば、タカラトミーの「黒ひげ危機一発」シリーズだ。タルに剣を刺すと黒ひげの海賊が飛び出すアクションゲームは、1975年の発売以来、幅広い世代に大人気。累計出荷数は全世界で1200万個を超える。

 誰が「黒ひげくん」を跳ばすか。“ハラハラドキドキ”のおもしろさが、黒ひげ危機一発の最大のウリだ。開発の段階では、あまりの単純さに賛否両論あったというが、むしろその明快さがうけて75年の発売と同時に大反響。翌76年には、あるテレビ番組で使われたことから認知が広がり、一躍ヒット商品となった。

 飛び出したら負けがルール。だが、もともとは「タルの中で縛られている黒ひげの縄を短剣で切って助け出す」という設定のもと、「飛び出させた人が勝ち」となる遊びだった。それが前出のテレビ番組で罰ゲーム的に使われたのをきっかけに、いつしか「跳んだら負け」が定着し、任意の時期を経て、95年から正式にルール設定。要するに、ユーザーの遊び方にメーカーが寄り添ったかたち。この柔軟さも人気の理由といえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る