風邪の漢方薬といえば「葛根湯」 カンポウ専科のブランド力

公開日:  更新日:

 一般用医薬品(OTC)市場で、漢方風邪薬の存在感が増している。リードするのはクラシエ製薬の「カンポウ専科」かぜ薬シリーズだ。全6種の展開で、2007年の発売以来好調が続く。不動の売り上げトップは風邪のひき始めに効く「葛根湯」。最近は、咳に効く「麦門冬湯」もよく売れている。

 人気の理由は信頼の歴史だ。前身の旧カネボウ薬品が本格的に医薬品事業に参入したのは70年代初めのこと。以来、OTC漢方薬のリーディングカンパニーとして市場を牽引してきた。「葛根湯」は84年に発売。その他の処方も以前から扱っていたが、07年、現クラシエ製薬へ社名変更の際に、統一ブランド「カンポウ専科」として集約した。

「ひと口に風邪といっても、その症状は寒け、発熱、鼻水、咳、頭痛、のどの痛みなどいろいろある。そこでカンポウ専科は、漢方ならではの“症状に特化した処方”をより明快に訴求。風邪の症状に合わせて使ってもらうため6つの漢方薬をシリーズ化した」(カンポウ専科ブランドマネジャーの清水大輔氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る