日本人65万人が訪問 “ベトナム人気急上昇”これだけの理由

公開日: 更新日:

 アオザイに身を包んだスリム美人が待っている――。ベトナム人気が今、急上昇中だ。昨年、同国を訪れた日本人は64万7956人(推計=日本政府観光局調べ)で過去最高を記録。05年が32.1万人、10年が44.2万人、12年は57万人と伸び続け、この10年間でほぼ倍増。他のアジア諸国と比べ、抜きんでた伸び率だ。

■羽田から直行便増便

 昨年3月、ANAが羽田⇔ハノイ便、JALが羽田⇔ホーチミン便の直行便を就航させた。加えてベトナム航空も成田⇔ダナン便を就航。日本から約6時間。ベトナムとの距離はグンと近くなった。

 ベトナム情報サイトを運営する「㈱AAB/ベトナム情報センター」の中野陽子氏が言う。

「羽田からの直行便増便で行きやすくなった点は大きいでしょう。時差は2時間で金額的にもリーズナブル。東京を午前1時に出て朝到着後、丸1日過ごせる。1都市滞在で、2泊3日でエステやスパ、買い物を楽しむ女性がグンと増えました。民族衣装のアオザイをオーダーメードで作る女の子も多いですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る