• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本人65万人が訪問 “ベトナム人気急上昇”これだけの理由

 アオザイに身を包んだスリム美人が待っている――。ベトナム人気が今、急上昇中だ。昨年、同国を訪れた日本人は64万7956人(推計=日本政府観光局調べ)で過去最高を記録。05年が32.1万人、10年が44.2万人、12年は57万人と伸び続け、この10年間でほぼ倍増。他のアジア諸国と比べ、抜きんでた伸び率だ。

■羽田から直行便増便

 昨年3月、ANAが羽田⇔ハノイ便、JALが羽田⇔ホーチミン便の直行便を就航させた。加えてベトナム航空も成田⇔ダナン便を就航。日本から約6時間。ベトナムとの距離はグンと近くなった。

 ベトナム情報サイトを運営する「㈱AAB/ベトナム情報センター」の中野陽子氏が言う。

「羽田からの直行便増便で行きやすくなった点は大きいでしょう。時差は2時間で金額的にもリーズナブル。東京を午前1時に出て朝到着後、丸1日過ごせる。1都市滞在で、2泊3日でエステやスパ、買い物を楽しむ女性がグンと増えました。民族衣装のアオザイをオーダーメードで作る女の子も多いですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る