【からめんや えん】(マーラータン+冷麺+台湾ラーメン)÷3!?

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の情報を紹介する「築地新聞」。今回はこれからの季節にもってこい。体の中からジワ~ッと温まる一杯をご紹介します。

テレビでこっそりと紹介される店。宮崎発祥の「辛麺」が看板メニューの「からめんや えん」さん。勝どき橋西交差点から4ブロック奥まった場所にあり、人通りが多いわけでもない。軒先の2つの赤ちょうちんを目印にしてどうぞ。

 店主の佐多順一郎さん(42)いわく、「数年前からぼちぼち始めました」。東京・四谷荒木町で生まれ育ち、縁あってここ築地に店を構えたそう。それにしたって築地でなぜ宮崎のご当地グルメ? 

「ええと、改めて言うほどの深い理由はないんです……」。現地で修業した本格派。コワモテにしてシャイな佐多さん、18歳で料理の道に進んだ者はそう多くは語りません。「辛麺」をすすったことのない方に簡単に説明を。名前のごとく辛い麺ですが、中国の「マーラータン」と韓国の「冷麺」と名古屋名物の「台湾ラーメン」を足して3で割ったような感じ。つまり、3つのご当地麺のいいとこどりです。具はひき肉、ニラ、溶き卵。唐辛子をたっぷりと効かせたスープに冷麺の麺を合わせます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  7. 7

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  10. 10

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る