【からめんや えん】(マーラータン+冷麺+台湾ラーメン)÷3!?

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の情報を紹介する「築地新聞」。今回はこれからの季節にもってこい。体の中からジワ~ッと温まる一杯をご紹介します。

テレビでこっそりと紹介される店。宮崎発祥の「辛麺」が看板メニューの「からめんや えん」さん。勝どき橋西交差点から4ブロック奥まった場所にあり、人通りが多いわけでもない。軒先の2つの赤ちょうちんを目印にしてどうぞ。

 店主の佐多順一郎さん(42)いわく、「数年前からぼちぼち始めました」。東京・四谷荒木町で生まれ育ち、縁あってここ築地に店を構えたそう。それにしたって築地でなぜ宮崎のご当地グルメ? 

「ええと、改めて言うほどの深い理由はないんです……」。現地で修業した本格派。コワモテにしてシャイな佐多さん、18歳で料理の道に進んだ者はそう多くは語りません。「辛麺」をすすったことのない方に簡単に説明を。名前のごとく辛い麺ですが、中国の「マーラータン」と韓国の「冷麺」と名古屋名物の「台湾ラーメン」を足して3で割ったような感じ。つまり、3つのご当地麺のいいとこどりです。具はひき肉、ニラ、溶き卵。唐辛子をたっぷりと効かせたスープに冷麺の麺を合わせます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る