「リアル車将棋」が大反響 トヨタが見せた“変身”への本気度

公開日: 更新日:

<こんな企画考えても普通は実行できないよwww 誰だよこんなんやったの、最高www>
<2六ヴィッツ、3二プリウスwww>
<バブル絶頂の頃のテレビ局みたいな下らない無駄遣いを真剣にやってて楽しい>

 これらは2月8日に西武ドームで行われ、ニコニコ生放送でインターネット中継された、「リアル車将棋」に対するネットでの反応だ。

“地上最大の対局”と銘打たれた前代未聞のイベントは、球場に巨大将棋盤を再現して新旧のトヨタ車40台を駒に見立て、トップ棋士の羽生善治名人(44)と豊島将之七段(24)が熱戦を繰り広げた。視聴者はすでに50万人を超えたという。

 トヨタといえば、国内新車市場で圧倒的シェアを誇り、2013年のグループ世界販売でも独フォルクスワーゲンを上回り世界首位を維持する“ガリバー企業”。2015年3月期の営業利益は、従来予想を2000億円上回る2兆7000億円予想になりそうだと発表、2年連続で過去最高を更新するなど順風満帆だ。「リアル車将棋」も、余裕があるからこそなせるワザなのだろうが、本音はむしろ逆だったらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る