累計販売26億冊 コクヨ「キャンパスノート」ヒットの歴史

公開日: 更新日:

 大阪に本社を置く文房具メーカーで、創業は明治38年。帳簿の製造販売からスタートした。社名は、創業者の故郷の越中(富山)の「“国の誉れ”になるように」との願いから。
 同社最大のヒット商品が1975年から発売している「キャンパスノート」。今年39周年を迎え、累計販売数は26億冊以上。現在までリニューアルを4回重ねている。

 絵馬多美子さん(31)は、3年前に5代目キャンパスノートのリニューアルを担当。同社の看板商品であり、全国民の4割近い愛用者がいるため、「プレッシャーは大きかった」と振り返る。

「39年前の発売当初から、部品は表紙、中紙、背クロスの3つだけ。いじれるのは、とじ方、材料、罫線、サイズ、デザイン、価格の6つだけなんです。その中で、どう今までと違うものを作るか。一般の方からノートを100冊以上集め、どうやって使っているか、研究に研究を重ねましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る