日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

累計販売26億冊 コクヨ「キャンパスノート」ヒットの歴史

 大阪に本社を置く文房具メーカーで、創業は明治38年。帳簿の製造販売からスタートした。社名は、創業者の故郷の越中(富山)の「“国の誉れ”になるように」との願いから。
 同社最大のヒット商品が1975年から発売している「キャンパスノート」。今年39周年を迎え、累計販売数は26億冊以上。現在までリニューアルを4回重ねている。

 絵馬多美子さん(31)は、3年前に5代目キャンパスノートのリニューアルを担当。同社の看板商品であり、全国民の4割近い愛用者がいるため、「プレッシャーは大きかった」と振り返る。

「39年前の発売当初から、部品は表紙、中紙、背クロスの3つだけ。いじれるのは、とじ方、材料、罫線、サイズ、デザイン、価格の6つだけなんです。その中で、どう今までと違うものを作るか。一般の方からノートを100冊以上集め、どうやって使っているか、研究に研究を重ねましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事