• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

内紛のタイプで対応変わる 「社内の対立」どう立ち回る?

 大塚家具のような創業一族同士や会長と社長の主導権争いなど、感情を持った人間で構成される会社組織には紛争がつきものだ。それも経営トップの争いに限らない。営業畑の専務VS技術畑の専務、直属の部長VS同課長など対立の構図はいくらでもある。
 つまり、サラリーマンである以上、いつ内紛に巻き込まれてもおかしくないのだ。
 A派か? B派か? 目の前に踏み絵を置かれたとき、社員はどう振る舞えばいいのか。

「内紛には“良い内紛”と“悪い内紛”があります。それによって振る舞い方が変わってきます」

 こう言うのはマッキンゼー出身の経営コンサルタントで、ビジネス小説「経営参謀」(ダイヤモンド社)などの著作がある稲田将人氏(写真)。これまでにアオキ、ワールド、日本コカ・コーラなど日本を代表する有名企業で企業改革を担当。内紛も数多く見てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る