マルチ、オレオレ、開運…カネだまし取る詐欺最新手口

公開日: 更新日:

 昨年の全国特殊詐欺被害件数は1万3371件。マルチ商法に関する、国民生活センターへの相談は8807件。これだけ報道されても微減こそすれ、前年とさほど変わらない。なぜそこまで減らないのか、最新手口を取材した。

「お金の勉強会があるよ」と知人に誘われ、西新宿の貸しホールに向かった。
 会場は満席、100人超が集まっている。いきなり、大金持ちになった成功者の体験談からセミナーが始まる。だが、大金を得た手段がわからない。
 2時間後、やっと見えてきた概要は、マレーシアのインターネット総合サイトへの投資話。投資すると毎日高い利子がつき、友達を紹介すると、紹介者の投資額と利子から各1割のマージンが入るという。明らかに「ネズミ講」だ。

 もう1団体のセミナーも参加してみたが、こちらも、東南アジアの楽天のようなサイトに投資するというもの。ネットという見えない世界が過剰な期待を膨らませているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る