マルチ、オレオレ、開運…カネだまし取る詐欺最新手口

公開日:  更新日:

 昨年の全国特殊詐欺被害件数は1万3371件。マルチ商法に関する、国民生活センターへの相談は8807件。これだけ報道されても微減こそすれ、前年とさほど変わらない。なぜそこまで減らないのか、最新手口を取材した。

「お金の勉強会があるよ」と知人に誘われ、西新宿の貸しホールに向かった。
 会場は満席、100人超が集まっている。いきなり、大金持ちになった成功者の体験談からセミナーが始まる。だが、大金を得た手段がわからない。
 2時間後、やっと見えてきた概要は、マレーシアのインターネット総合サイトへの投資話。投資すると毎日高い利子がつき、友達を紹介すると、紹介者の投資額と利子から各1割のマージンが入るという。明らかに「ネズミ講」だ。

 もう1団体のセミナーも参加してみたが、こちらも、東南アジアの楽天のようなサイトに投資するというもの。ネットという見えない世界が過剰な期待を膨らませているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る