相次ぐ“引きこもり”の犯行 「親が防げること」を専門家が説く

公開日:  更新日:

 淡路島の5人殺害事件で逮捕された平野達彦容疑者(40)は、中学を卒業したころから自宅に引きこもるようになったという。

 最近、この種の事件で犯人が引きこもりというケースが目立つ。先月、和歌山県で男子小学生を殺害した中村桜洲容疑者(22)もそう。昨年6月に、栃木県で7歳少女殺害容疑で逮捕された勝又拓哉容疑者(32)と、熊本県の高3少女殺害で捕まった赤石弥容疑者(47)も、引きこもりだったと報じられた。

 心理学博士の鈴木丈織氏によると、人が引きこもりになる時期は主に中学校時代と20歳前後の青年期に分かれるという。

「小中学校でいじめに遭った人は、学校に行きたいけど行くことができないという事情で不登校になります。20歳前後の人は就職で希望の会社に入れなかったとか好きな異性と恋愛できなかったという理由で挫折し、引きこもってしまうのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る