相次ぐ“引きこもり”の犯行 「親が防げること」を専門家が説く

公開日: 更新日:

 淡路島の5人殺害事件で逮捕された平野達彦容疑者(40)は、中学を卒業したころから自宅に引きこもるようになったという。

 最近、この種の事件で犯人が引きこもりというケースが目立つ。先月、和歌山県で男子小学生を殺害した中村桜洲容疑者(22)もそう。昨年6月に、栃木県で7歳少女殺害容疑で逮捕された勝又拓哉容疑者(32)と、熊本県の高3少女殺害で捕まった赤石弥容疑者(47)も、引きこもりだったと報じられた。

 心理学博士の鈴木丈織氏によると、人が引きこもりになる時期は主に中学校時代と20歳前後の青年期に分かれるという。

「小中学校でいじめに遭った人は、学校に行きたいけど行くことができないという事情で不登校になります。20歳前後の人は就職で希望の会社に入れなかったとか好きな異性と恋愛できなかったという理由で挫折し、引きこもってしまうのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る