【松村】鰹節は削りたてが身上!

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点にする日刊ゲンダイが毎水曜、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は老舗の鰹節屋さんです。

 もくもく、もくもく。場内入り口、海幸橋門のすぐそばにある鰹節問屋「松村」では、場外ならではの「風景と香り」が楽しめます。店の外壁に備わる煙突から出てくるけむりがいいにおい。付近に来ると思わず、大きな深呼吸をしたくなるぐらいで――。

「湯気と香りに誘われる温泉街の温泉まんじゅうと一緒で、食べたくなっちゃうでしょう」

 そう冗談めかし、鰹節のイロハを教えてくれたのは、相談役の松村勲さん(72=写真)。

「ウチは仕入れた鰹節を削る前に必ず蒸す。熱消毒も兼ねていますが、そうして熱を加えてから削るとす~っと花が立つ。花がつおの出来が全く違うんです」

 鹿児島・指宿や枕崎などから届いた鰹節を水で洗浄し、一晩寝かせてから蒸す。場外でこうした加熱の工程を行う鰹節問屋は松村さんを含め、3軒しかないそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  3. 3

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  4. 4

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る