【松村】鰹節は削りたてが身上!

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点にする日刊ゲンダイが毎水曜、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は老舗の鰹節屋さんです。

 もくもく、もくもく。場内入り口、海幸橋門のすぐそばにある鰹節問屋「松村」では、場外ならではの「風景と香り」が楽しめます。店の外壁に備わる煙突から出てくるけむりがいいにおい。付近に来ると思わず、大きな深呼吸をしたくなるぐらいで――。

「湯気と香りに誘われる温泉街の温泉まんじゅうと一緒で、食べたくなっちゃうでしょう」

 そう冗談めかし、鰹節のイロハを教えてくれたのは、相談役の松村勲さん(72=写真)。

「ウチは仕入れた鰹節を削る前に必ず蒸す。熱消毒も兼ねていますが、そうして熱を加えてから削るとす~っと花が立つ。花がつおの出来が全く違うんです」

 鹿児島・指宿や枕崎などから届いた鰹節を水で洗浄し、一晩寝かせてから蒸す。場外でこうした加熱の工程を行う鰹節問屋は松村さんを含め、3軒しかないそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る