【築地ボン・マルシェ】おいしい築地料理の店は表通りにあり

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点にする日刊ゲンダイが毎水曜、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回はエリア随一の賑わう場所にして、嘘のように落ち着いた雰囲気のイタリア料理店です。

 おいしい店は路地裏にあり、とは限らない。そう実感させてくれるレストランが「築地ボン・マルシェ」です。

 界隈で最も人通りの激しい築地4丁目交差点前という立地。しかも、ビル正面にエンジ色の店看板がドドーン。目立つ場所にあるだけに、むしろ敬遠されがちですが、驚くほど静かにゆったりと食事が楽しめます。寿司屋や食堂での長居は野暮ってもの。使い勝手の良さも含めて、ありがたや~。

 09年12月オープン。掲げるコンセプトはイタリアンをベースとした「新しい築地料理」って、分かるような分からないような……。悩むよりまずは食らうに限る! 昼だったら1日10食限定、店でマグロの頬肉を使った「築地マグロナポリタン」(デザート、飲み物付き1659円、ディナー単品注文可)、夜のアラカルトだったら界隈の旦那衆の話からヒントを得たという名物「築地マグロとフォアグラ丼」(2079円)をオーダーに加えてみてください。そのアイデアと食材の良さが実感できます。夜のメニューはいずれも2000円前後とちょっぴり割高に見えますが、そのほとんどが2人でシェアできる分量。最初から取り分けてサービスしてくれるので、温かい料理は熱々のままいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る