【築地ボン・マルシェ】おいしい築地料理の店は表通りにあり

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点にする日刊ゲンダイが毎水曜、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回はエリア随一の賑わう場所にして、嘘のように落ち着いた雰囲気のイタリア料理店です。

 おいしい店は路地裏にあり、とは限らない。そう実感させてくれるレストランが「築地ボン・マルシェ」です。

 界隈で最も人通りの激しい築地4丁目交差点前という立地。しかも、ビル正面にエンジ色の店看板がドドーン。目立つ場所にあるだけに、むしろ敬遠されがちですが、驚くほど静かにゆったりと食事が楽しめます。寿司屋や食堂での長居は野暮ってもの。使い勝手の良さも含めて、ありがたや~。

 09年12月オープン。掲げるコンセプトはイタリアンをベースとした「新しい築地料理」って、分かるような分からないような……。悩むよりまずは食らうに限る! 昼だったら1日10食限定、店でマグロの頬肉を使った「築地マグロナポリタン」(デザート、飲み物付き1659円、ディナー単品注文可)、夜のアラカルトだったら界隈の旦那衆の話からヒントを得たという名物「築地マグロとフォアグラ丼」(2079円)をオーダーに加えてみてください。そのアイデアと食材の良さが実感できます。夜のメニューはいずれも2000円前後とちょっぴり割高に見えますが、そのほとんどが2人でシェアできる分量。最初から取り分けてサービスしてくれるので、温かい料理は熱々のままいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  8. 8

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る