【高梨香辛店】ひと振りしたらクセになる!

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点にする日刊ゲンダイが毎水曜、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は場内で唯一の香辛料専門店です。

 市場ツウの間ではお馴染みの店構え。多くの飲食店や物販店が立ち並ぶ魚がし横丁内、大きな唐辛子の張りぼてが目印のからいもの屋こと「高梨香辛店」です。

 看板商品はズバリ、オリジナルの七味唐辛子。その七味だけでも4種類のラインアップを取り揃えるわけですが、中でも「幻の七味」(100グラム735円~)はファンをしびれさせる逸品です。

 大の七味フリークの某グルメライターが、「京都、長野善光寺、浅草寺で買える日本三大七味のいずれのものより、高梨サンの七味が一番。この味を知ったら、ほかでは代用できない!」と太鼓判を押すぐらい、複雑な辛味と上品な香りが身上。焼き鳥の名店「バードランド」や蕎麦の老舗「神田まつや」でも供されていて、昨年6月にはまつやが監修するカップ麺「カレー南蛮そば」(日清食品)の別添えの七味としてコッソリと採用されたそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る