• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【高梨香辛店】ひと振りしたらクセになる!

 東京・築地を拠点にする日刊ゲンダイが毎水曜、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は場内で唯一の香辛料専門店です。

 市場ツウの間ではお馴染みの店構え。多くの飲食店や物販店が立ち並ぶ魚がし横丁内、大きな唐辛子の張りぼてが目印のからいもの屋こと「高梨香辛店」です。

 看板商品はズバリ、オリジナルの七味唐辛子。その七味だけでも4種類のラインアップを取り揃えるわけですが、中でも「幻の七味」(100グラム735円~)はファンをしびれさせる逸品です。

 大の七味フリークの某グルメライターが、「京都、長野善光寺、浅草寺で買える日本三大七味のいずれのものより、高梨サンの七味が一番。この味を知ったら、ほかでは代用できない!」と太鼓判を押すぐらい、複雑な辛味と上品な香りが身上。焼き鳥の名店「バードランド」や蕎麦の老舗「神田まつや」でも供されていて、昨年6月にはまつやが監修するカップ麺「カレー南蛮そば」(日清食品)の別添えの七味としてコッソリと採用されたそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る