【高梨香辛店】ひと振りしたらクセになる!

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点にする日刊ゲンダイが毎水曜、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は場内で唯一の香辛料専門店です。

 市場ツウの間ではお馴染みの店構え。多くの飲食店や物販店が立ち並ぶ魚がし横丁内、大きな唐辛子の張りぼてが目印のからいもの屋こと「高梨香辛店」です。

 看板商品はズバリ、オリジナルの七味唐辛子。その七味だけでも4種類のラインアップを取り揃えるわけですが、中でも「幻の七味」(100グラム735円~)はファンをしびれさせる逸品です。

 大の七味フリークの某グルメライターが、「京都、長野善光寺、浅草寺で買える日本三大七味のいずれのものより、高梨サンの七味が一番。この味を知ったら、ほかでは代用できない!」と太鼓判を押すぐらい、複雑な辛味と上品な香りが身上。焼き鳥の名店「バードランド」や蕎麦の老舗「神田まつや」でも供されていて、昨年6月にはまつやが監修するカップ麺「カレー南蛮そば」(日清食品)の別添えの七味としてコッソリと採用されたそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  7. 7

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  10. 10

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る