【高梨香辛店】ひと振りしたらクセになる!

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点にする日刊ゲンダイが毎水曜、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は場内で唯一の香辛料専門店です。

 市場ツウの間ではお馴染みの店構え。多くの飲食店や物販店が立ち並ぶ魚がし横丁内、大きな唐辛子の張りぼてが目印のからいもの屋こと「高梨香辛店」です。

 看板商品はズバリ、オリジナルの七味唐辛子。その七味だけでも4種類のラインアップを取り揃えるわけですが、中でも「幻の七味」(100グラム735円~)はファンをしびれさせる逸品です。

 大の七味フリークの某グルメライターが、「京都、長野善光寺、浅草寺で買える日本三大七味のいずれのものより、高梨サンの七味が一番。この味を知ったら、ほかでは代用できない!」と太鼓判を押すぐらい、複雑な辛味と上品な香りが身上。焼き鳥の名店「バードランド」や蕎麦の老舗「神田まつや」でも供されていて、昨年6月にはまつやが監修するカップ麺「カレー南蛮そば」(日清食品)の別添えの七味としてコッソリと採用されたそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  9. 9

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  10. 10

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

もっと見る