米中で前年プラス「トヨタ式で会社はグングン伸びる」は本当か

公開日: 更新日:

 トヨタが好調だ。米国での2月の新車販売台数は12カ月連続で前年実績をクリア。中国では7カ月連続のプラスだ。GDPが伸び悩む中、この成長はすごい。
 好業績を支えるトヨタ生産方式は、業種に関係なく取り入れる企業も多いが、誤って導入して伸び悩むケースも少なくないという。

 その論客がトヨタ出身の鈴村尚久氏で、亡父・喜久男氏はトヨタ生産方式の基礎を築き、自らは産業車両部や生産調査部などでトヨタ流を叩き込まれ、97年に独立した。近書「トヨタ生産方式の逆襲」(文春新書)で、実例を紹介しながら改善策を示している。

 どんなところが間違えやすく、どう改善すればいいのか。本書で紹介されているケースは――。

<ある流通業者は、惣菜の廃棄量が多かった。メーン工場では、豆腐やサラダなどを商品ごとに単品ずつ大量生産し、トラックで支店に配送。配送は、午後4時に注文を受けた翌々日の朝1回のみで、午前9時の開店に間に合うよう各店舗に1日分をまとめて届ける。工場から遠い店には午前4時、近い店には午前7時に出発。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  4. 4

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  8. 8

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  9. 9

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る