英国では学会が研究 「傲慢経営者」にどう付き合うべきか?

公開日:  更新日:

 韓国の“ナッツ姫”は懲役1年の実刑判決にシュンとしているらしい。ゴーマンな態度で、飛行機をリターンさせたのだから、実刑判決も当然。いまさらコトの重大さに気づいても遅いが、あの女みたいなゴーマン上司は洋の東西を問わず、どこにでもいる。

 英国では、元厚生相のデービッド・オーエン氏が音頭をとって、傲慢経営者を人格障害の一種の病気としてとらえる研究が進む。その名も「傲慢学会」で、昨年は脳科学者や生化学者、経営・会計学の専門家ら300人が集まった。前年の3倍の盛況ぶりだ。

「傲慢な経営者は、自信過剰であるがゆえ、冷静な判断を失い、経営危機を招く。経営者の傲慢さが、リーマン・ショックの原因のひとつだ」

 英中央銀行の首席エコノミストが、そんな内容の講演をしたのは、労働運動が盛んなお国柄だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る