英国では学会が研究 「傲慢経営者」にどう付き合うべきか?

公開日: 更新日:

 韓国の“ナッツ姫”は懲役1年の実刑判決にシュンとしているらしい。ゴーマンな態度で、飛行機をリターンさせたのだから、実刑判決も当然。いまさらコトの重大さに気づいても遅いが、あの女みたいなゴーマン上司は洋の東西を問わず、どこにでもいる。

 英国では、元厚生相のデービッド・オーエン氏が音頭をとって、傲慢経営者を人格障害の一種の病気としてとらえる研究が進む。その名も「傲慢学会」で、昨年は脳科学者や生化学者、経営・会計学の専門家ら300人が集まった。前年の3倍の盛況ぶりだ。

「傲慢な経営者は、自信過剰であるがゆえ、冷静な判断を失い、経営危機を招く。経営者の傲慢さが、リーマン・ショックの原因のひとつだ」

 英中央銀行の首席エコノミストが、そんな内容の講演をしたのは、労働運動が盛んなお国柄だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  5. 5

    公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  9. 9

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  10. 10

    槇原逮捕で論争「世界に一つだけの花」が放送禁止になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る