英国では学会が研究 「傲慢経営者」にどう付き合うべきか?

公開日:  更新日:

 韓国の“ナッツ姫”は懲役1年の実刑判決にシュンとしているらしい。ゴーマンな態度で、飛行機をリターンさせたのだから、実刑判決も当然。いまさらコトの重大さに気づいても遅いが、あの女みたいなゴーマン上司は洋の東西を問わず、どこにでもいる。

 英国では、元厚生相のデービッド・オーエン氏が音頭をとって、傲慢経営者を人格障害の一種の病気としてとらえる研究が進む。その名も「傲慢学会」で、昨年は脳科学者や生化学者、経営・会計学の専門家ら300人が集まった。前年の3倍の盛況ぶりだ。

「傲慢な経営者は、自信過剰であるがゆえ、冷静な判断を失い、経営危機を招く。経営者の傲慢さが、リーマン・ショックの原因のひとつだ」

 英中央銀行の首席エコノミストが、そんな内容の講演をしたのは、労働運動が盛んなお国柄だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る