ドイツ機墜落 副操縦士の“計画的狂気”に予防策なかったのか

公開日:  更新日:

「いつか全てのシステムを変えるようなことをする」――独格安航空会社ジャーマンウイングスの旅客機事故で、意図的に墜落させた疑いがあるアンドレアス・ルビッツ副操縦士(27)は昨年、元交際相手の女性(26)にそう話していた。「誰もが自分の名前を知り、記憶にとどめることになる」とも語ったというから、操縦する旅客機を墜落させる機会をうかがっていた可能性もある。

 だとすると、計画的墜落であり、単なるうつ病や精神錯乱、心神喪失とも違う。一体、どういう疾患が考えられるのか。それは健康診断などで見抜けるのか。そこが知りたいところだ。

 副操縦士は、パイロット養成訓練を精神的な理由で長期間の中断を余儀なくされた。CAを経て13年にようやく副操縦士になれたが、自宅からは大量の抗精神病薬が見つかっている。

 今月10日には自宅があるドイツ西部の病院を受診。網膜剥離を患っていた疑いもあると伝えられている。せっかくパイロットになれたが、またしても夢を絶たれそうになったことを悲観したのかもしれないが、もちろんそれだけで乗客を道連れにはしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る