ドイツ機墜落 副操縦士の“計画的狂気”に予防策なかったのか

公開日: 更新日:

「いつか全てのシステムを変えるようなことをする」――独格安航空会社ジャーマンウイングスの旅客機事故で、意図的に墜落させた疑いがあるアンドレアス・ルビッツ副操縦士(27)は昨年、元交際相手の女性(26)にそう話していた。「誰もが自分の名前を知り、記憶にとどめることになる」とも語ったというから、操縦する旅客機を墜落させる機会をうかがっていた可能性もある。

 だとすると、計画的墜落であり、単なるうつ病や精神錯乱、心神喪失とも違う。一体、どういう疾患が考えられるのか。それは健康診断などで見抜けるのか。そこが知りたいところだ。

 副操縦士は、パイロット養成訓練を精神的な理由で長期間の中断を余儀なくされた。CAを経て13年にようやく副操縦士になれたが、自宅からは大量の抗精神病薬が見つかっている。

 今月10日には自宅があるドイツ西部の病院を受診。網膜剥離を患っていた疑いもあると伝えられている。せっかくパイロットになれたが、またしても夢を絶たれそうになったことを悲観したのかもしれないが、もちろんそれだけで乗客を道連れにはしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る