ドイツ機墜落 副操縦士の“計画的狂気”に予防策なかったのか

公開日: 更新日:

「いつか全てのシステムを変えるようなことをする」――独格安航空会社ジャーマンウイングスの旅客機事故で、意図的に墜落させた疑いがあるアンドレアス・ルビッツ副操縦士(27)は昨年、元交際相手の女性(26)にそう話していた。「誰もが自分の名前を知り、記憶にとどめることになる」とも語ったというから、操縦する旅客機を墜落させる機会をうかがっていた可能性もある。

 だとすると、計画的墜落であり、単なるうつ病や精神錯乱、心神喪失とも違う。一体、どういう疾患が考えられるのか。それは健康診断などで見抜けるのか。そこが知りたいところだ。

 副操縦士は、パイロット養成訓練を精神的な理由で長期間の中断を余儀なくされた。CAを経て13年にようやく副操縦士になれたが、自宅からは大量の抗精神病薬が見つかっている。

 今月10日には自宅があるドイツ西部の病院を受診。網膜剥離を患っていた疑いもあると伝えられている。せっかくパイロットになれたが、またしても夢を絶たれそうになったことを悲観したのかもしれないが、もちろんそれだけで乗客を道連れにはしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  7. 7

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  8. 8

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  9. 9

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る