ここの一番のごちそう<成瀬 2>

公開日: 更新日:

 小田急線町田駅からJR横浜線で1つ目の駅、成瀬。「花見の穴場」と成瀬住人から聞かなければ降り立つことがなかっただろう。しかし、前回の花見の回を含めてこの短期間に3回、成瀬駅で降りている。

 恩田川沿いの遊歩道がいい。桜が散った後も素晴らしい。前回、恩田川を「ヤマセミの写真が撮れる場所」と紹介してしまったが、私の勘違いで、正確には「カワセミ」だった。恩田川は町田市でも有数の“カワセミ天国”といわれているそうだ。

「成瀬尾根緑道」もいい。庚申塚公園近くから1・5キロ、昔ながらの里山歩きを楽しめる。私が歩いた日はあいにく天候が悪く、見ることができなかったが、天気がいい日は、箱根輪山、丹沢山塊、奥多摩、秩父山地までを一望できるとか。

 そして、成瀬の真骨頂は、「福チャん」。日本人のご主人と台湾人の奥さんの2人でやっている中華料理屋だ。隠れた名店という言葉をよく聞くが、ここがまさにそう!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る